【書籍レビュー】医者の本音(中山祐次郎 著)

スポンサーリンク

滅多に聞くことのできない、現役医師の本音を綴ったのが今回紹介する書籍です。
医療に携わる方に…ではなく、風邪からがんまで、患者としてかかる人に全員が目を通しておいた方がいいんじゃないかと思うような内容でした。

というと「とにかくみんな読もうよ!」で終わってしまうので、特に読むとプラスになりそうな読者の方とその理由を自分なりに挙げていきたいと思います。

こんな人は、医者の本音を読んで損はない!

将来医者になろうか少しでも考えている方

医学部進学を進路に組み込むなら、高校受験くらいの人でしょうかね。
親戚や気軽に話を聞ける知人に医師がいるんなら別ですが、かなり特殊な職業なのである程度イメージしておいたほうが覚悟が決まりやすいと思います。
仕事内容だけでなく、年収の実情から恋愛、結婚についてなど非常に幅広く医師の内情が書かれているこの本は「医師になってから」の自分をイメージするための重要な1冊になると思います。

病院での長い待ち時間、理由がわからず不満な方

診察している時間以外に医師は基本何をしているか、それにはどういう理由があるのか。医師の立場で詳しく書かれているので、理由に納得できます。
読んでも待ち時間は短縮されませんが、よくわからないまま待たされるよりはストレス軽減につながるはずです。

医師に聞きたいことが聞けずに後悔しがちな方

特に初診の場合は、医師も患者の状況がわからないところからのスタートです。せっかく話ができるのに聞きたいことを聞けずじまいになってしまうのは患者としてかかる場合も勿体ない!
ので、本書の中にある「初めて医者にかかるときに使うシート」は大変便利に利用できると思います。
自分の状況を理解してもらい、より適切な治療法を提示してもらうのに役立ちます。

医者の本音、感想まとめ

生きているうちに医者にかかることがない、という人はほとんど居ないにも関わらず、お医者さんってあんまり気軽に接する機会がないですよね。
ましてやここまでの「本音」を語ってくれることはまずないと思うので、それだけでも非常に貴重な書籍だと思います。

今回は「どんな人が特に合いそうか」を独断と偏見で挙げてみましたが、その他「薬はなぜこんなに多いのか」「医者はなぜあんなに態度が冷たいのか」「病院の口コミサイトはどこまで信用できるのか」‥などなど、気になる項目がずらりと並んでいますので、興味を持った方は是非、ご一読を。

個人的には「医者にかかった時により適切な治療を受けるための必読書」とまで感じた一冊です。

ネット通販は以下のリンクから
【Amazon】

医者の本音 (SB新書)

【楽天】

医者の本音 (SB新書) [ 中山 祐次郎 ]

この記事が参考になった!という方はボタンをクリックしていただけたら嬉しいです。 にほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました