結婚式をやりたくない花嫁もいるという話

ガクブル 雑談
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

結婚式を挙げることについて、個人的な意見です。

結婚式は女性の夢?

テレビCM等を見ていて、「女性は結婚式に憧れている」的なイメージはかなり根強いように感じます。

友人の少ない私ですが、これまで付き合いのあった女性の多くは「結婚式への憧れ」を持っていたように思います。

実際、結婚した方はほとんど式を挙げましたし、挙げなかった方も「本当はやりたかった」という意見ばかりでした。

ですが…私は絶対に挙げたくなかった。夫も元々結婚式には興味がなかったので、やりませんでした。

周りにはわざわざ「式を挙げない」という選択をする人はいなかったので、だいぶ少数派なんかなと思っていましたが。

最近、ブライダル関連の知人に聞いたところ

わりといますよ~!
恥ずかしいとか、お金もったいないとか理由はそれぞれですけど…

マジか。知らんかった。
……えっ?でもその人達、結婚式やりにきてるんだよね?

結婚式という一大イベント

やりたくないならやらんでもよくない?
大変じゃんね。

という訳にはいかないようです。なかなか。

結婚式というものは、基本的に主役は「新郎新婦」です。

けど、最低限 両家の家族、多くの場合は友人や勤務先の方も招いて行うものです。
そのため、色んな事情が絡んでくるんですね。

とはいえ、お金も時間もかかるし(負担は新郎新婦が1番背負うことになるし)、やりたくなかったら断ってしまっても良いのではと私は思います。

優先順位をよく見極めて、考えるのが大事。

"普通"に倣う

「普通、女性は結婚式に憧れるものだ」
「普通、女性は家にいて家事・子育てに従事するものだ」
「普通、女性はファッションやメイクを嗜みキレイでいるものだ」

1度は枠に当てはめた方が、初対面のうちは人を見やすいと思います。
けど、あくまで他人は他人。

いつまでも自分基準で人を見ていると、お互いに息苦しくなっちゃいますからね。

また、「普通はそうなのか、じゃあ自分はダメなのか」的な考えは基本しなくて良いと思います。

「普通」は人の数だけありますので、他人の「普通」で自分の「自由」を奪われないよう気を付けましょう。

この記事が参考になった!という方はボタンをクリックしていただけたら嬉しいです。 にほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました